自動車 任意保険 金額

自動車任意保険、安心で安い保険業者を選ぶ方法

任意保険 選び方

 

自動車保険はなんだか専門用語が多くて難しいですね。
しかし、車を運転するならなくてはならないものです。

 

自動車保険のことを調べると、会社の数の多さや仕組みの複雑さで心が折れそうになります。何年も自動車保険に加入しているけど、実は仕組みがわかっていないという方は少なくありません。
もしもの時の保険なのでもちろんそれでもいいのですが、やはりちょっとでも理解しておくと自動車保険選びにかなり役に立ちますよ。

 

自動車保険には、自賠責保険と任意保険とがあります。

 

自賠責保険は車検の時にまとめて支払われるので、あまり気にされる人は少ないかと思います。
自賠責保険で補償されるのは、事故の相手が怪我をしたり、障害が残ったり、死亡してしまった場合だけです。
しかも、障害が120万円、後遺障害が75〜4000万円、死亡で3000万円が最大です。
しかも相手に怪我を負わせた場合、おそらくこれだけでは足りないのです。

 

だから自賠責保険で足りない部分を任意保険で補う必要があります。
任意保険では、@事故の相手の怪我や障害、死亡に備える補償、A事故の相手の車や壊したガードレールなどに備える補償、B自分の怪我や傷害、死亡に備える補償、C自分の車の修理などの備える補償などがあるのです。

 

これらの補償をいくらにするかによって、保険料が大きく変わります。

 

@事故の相手の怪我や障害、死亡に備える補償=対人補償
A事故の相手の車や壊したガードレールなどに備える補償=対物補償
B自分の怪我や傷害、死亡に備える補償=人身傷害か搭乗者傷害
C自分の車の修理などの備える補償=車両保険

 

自動車保険の仕組みはだいたいわかったと思いますが、ではズバリどこの保険会社が1番安いのでしょうか?
それは、条件によって異なるので複数の自動車保険から見積もりを取ってみるしか方法場はありません。

 

今は1回あなたの情報を入力するだけで、複数の自動車保険会社から一括見積もりが出来ます。

 

任意保険 安い

 

同じ条件で見積もりを取ることで1番保険料が安い保険会社を見つけることが出来ますよ。

 

保険料は補償の内容だけでなく、運転者の年齢、乗車頻度、免許の色などによっても変わります。
30〜50代で1度も事故を起こしていない人は保険料が安くなるシステムになっています。

 

任意保険 安心

 

 

任意保険のロードサービス

 

任意保険 ロードサービス

 

自動車任意保険といえば、交通事故に備えるイメージが強いですが、それだけが役割ではありません。
任意保険の役割には、契約車両の故障やエンスト、カギの閉じ込めなどのトラブルも対象となります。いわゆるロードサービスと呼ばれるものです。

 

車が事故に遭う確率よりも、車が故障する可能性のほうが高いのではないでしょうか。

 

もしロードサービスを利用してもノンフリート等級はダウンしませんから、翌年の保険料に影響はありません
これは嬉しいですね。

 

では、ロードサービスにはどんな項目があるのでしょうか?

 

<車へのロードサービス>
@バッテリー上がり
Aパンク
Bキーの閉じ込め
Cガス欠
Dレッカー移動
Eその他のトラブル

 

<人へのロードサービス>
契約している車が動かなくなった場合に、置き去りは困りますね

 

@帰宅費用サポート(自宅もしくは目的地まで)
Aレンタカー費用サポート(24時間まで)
B宿泊費用サポート(1泊まで)

 

実はロードサービスは横並びではありません。
保険会社によってレッカー移動が「50kmまで無料」のところと「100kmまで無料」のところなどロードサービスの内容に差があります。

 

任意保険会社を選ぶ一つの基準になさってください。